前の5件 | -

Happy SIMを買え [雑談]

昨今の海外渡航で優先度上位なのが、現地でのデータ通信回線の確保、決済通貨の2つです。あとは交通系のカードがあれば使いたいですね。
現地決済は空港の為替カウンターかクレジットカードがあれば済むので、ここではデータ通信SIMと交通系電子マネーについて少々。

●データ通信SIM

シンガポールで入手できる渡航者向けのデータ通信SIMはいくつかありますが、2017年7月現在で我々海外MakerFaire出展組が入手すべきSIMはターミナル2の販売ブースで取り扱っているStarHubのHappy Travel SIM 10day(32SGD=約2500円)です。
為替カウンターの斜め向かいにあるので、換金のついでに入手しましょう。
DSC_1563.jpg
ぱっと見では10日有効の旅行者向けSIMですが、この10日有効というのは15Gバイトの無料データ通信枠+2Gバイトのローミングデータ通信枠で、32SGDのプリペイド分とSIMカードは180日間有効です。ただし10日間の有効期間終了時にSMS代がいくらかプリペイド分から引かれるようです。
期間内にクレジットカードでチャージ(Top-upという)をすればそこから有効期間が180日延長になる仕組みです。

窓口では開通手続きまではやってくれないので、自分で開通手続きとデータ回線設定を行う必要があります。とはいえ、SIMを交換した後、「*142#」へ電話をかければ終了します(※アクティベーション用の番号なのでへ変わる可能性がある。窓口で説明されるのでちゃんと聞いておこう)。
ただし、一部のスマホではAPNの設定が自動で行われないので、予め専用アプリ(Happy Prepaid)をインストールして出国したほうが良いでしょう。
空港のカウンター案内やアプリインストールはこちらから。

無料データ通信枠を使い切ったあとは、Top-upしたお金でデータ通信プランを選んで購入することになります。プランで細かい差異がありますが一度のアクティベーションで最大30日、通信量は100Gバイトまで繰り越すことができます。が、普通の滞在で通信残量を気にすることはあまりないと思います。

そして最も重要な点ですが、このHappy SIMは海外ローミングにも対応しているので、シンガポールの国外13の国と地域(日本、韓国、中国、台湾、香港、タイ、マレーシア、フィリピン、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アメリカ)でもそのまま使えます。
(なお中国では海外ローミング扱いのため最初から盾抜けできる模様)

つまり現地でデータ通信量が余っても、帰国して残りを使うことができます。残念ながら最初に貰える無料の15Gバイト分はシンガポール国内通信専用なので、そこは少々もったいないのですが‥‥。
またSIM自体はTop-upから180日間有効なので、半年毎に課金しておけば帰国後もずっと維持しておくことができます。

さらに日本国内ではDoCoMo/KDDIにローミングできるうえ通信速度制限無しの30日1.2Gバイトプランが10SGD(約800円)からと、国内の格安データSIMと同等か、より安く使うことができます。格安データSIMでは使えないSMSに対応しているのも地味にポイントが高いです。
一応テザリングもできるようですが、SNSと一部のサイト以外への通信では何らかの本体認証と速度制限を行っているようで、日本国内サイトはゲートウェイがタイムアウトを返す場合があります。

とはいえ、東・東南アジアおよび太平洋地域では間違いなく最強のSIMで、毎年海外に行く予定がある人は、このSIMを買うためにシンガポールに行ってもいいと思える1枚です。
海外MakerFaire出展組必携。

●交通系電子マネー

一方で、交通系電子マネーはシンガポールではそれほど使い勝手がよくありません。
MRTやバスで使える交通系ICカードとしては、NETS FlashPayez-linkの2種類があります。が!
一応、コンビニをはじめ各店舗に設置をしてあるのですが、誰も使っていないのか店員が扱えないとか、最小決済額があって気軽に使えないとか、NETSのロゴを提示してるのにez-linkじゃないと決済できないなど、不都合だらけでした。

今のところ、MRTとバスに乗るためのカードと割り切って使うべきでしょう。ICカードを使うとMRTでは運賃が4割引されるので、MRTでの移動が多いなら便利です。
MRTの駅の窓口で、ez-linkカードを購入するのが良いと思います。12SGDで5ドル分がカード代、7ドル分が初期チャージになります。カードへのチャージはMRTの駅の券売機で行う事ができるので、残りが少なくなったらその都度チャージすればOKです。

●まとめ

・年に2回以上海外に行く人はHappy Travel SIM一択
・半年に一度、クレジットカードからTop-upすればSIMが維持できる
・ローミングは日本含め13の国と地域(本国のシンガポール含めると14)
・初回にシンガポール国内用15G分とローミング用2G分の無料データ通信枠が貰える
・データ通信1Gあたり800円ぐらい

・だが交通系電子マネーはいまいち


近々シンガポールに渡航される人がいましたら参考までに。

※ローミング使用時のデータ通信と初回期間終了時のプリペイド分の消費を追記 (7/30)

MakerFaireシンガポールに出展しました [雑談]

MakerFaireシンガポール2017に、ニコニコ技術部合同ブースのメンバーとして出展してきました。いつも取りまとめありがとうございます!>高須さん(@tks

さて、MakerFaireは全世界で開催されているメイカー(趣味やスタートアップなどで創作する人のこと)たちの祭典で、シンガポールは今年で5回目になります。
会場はジュロン地区にあるサイエンス・センターで、7/22~23の二日間にわたり開催されました。

関空からチャンギ国際空港まで片道6時間半、赤道直下の常夏の国。
DSC_1381.JPG
チャンギ国際空港に到着したら真っ先にSIMを入手します。
ここがこの旅一番のポイント。2017年7月現在であれば迷わずターミナル2でHappy Travel SIMを購入しよう!
Happy SIMについてもうちょっと詳しくオススメを書いたので渡航の参考まで。

さて、ホテルへ荷物を放り込んでいざ観光、の矢先に早速ぶっとばしたタップがこちらになります。
DSC_1391.JPG
シンガポールのコンセントはイギリスと同じBFタイプで240V/50Hz、最近のUSB充電器やPCのACアダプタなんかはワールドワイド対応なのでプラグ変換だけで問題なく使えるのですが、うっかりサージ保護付きタップが混ざってるとこうなるという例‥‥。

気を取り直して、早速シンガポールの電気街と言えるSim Lim Squareへ向かいます。
DSC_1400.JPG
DSC_1402.JPG
Sim Lim Squareは主にPC、スマホ、カメラが集中しているビルで、電子部品などは交差点を挟んで向かい側のSim Lim Towerに入っている模様。
DSC_1403.JPG
DSC_1405.JPG
規模としてはそれほど大きくなく、電子パーツショップというよりもArduinoなどのモジュールやケーブル類、LEDユニットなどを取り扱っている店舗が多くありました。

シンガポール名物、ベイサンズホテル&マーライオン
DSC_1406.JPG
DSC_1410.JPG
マーライオン公園はがっかりスポットとして有名だったので一体どれほどのものかと期待して行ったのに、ここ10年ぐらいで周囲にベイサンズやら超高層ビルが建ち並んで普通におしゃれな観光スポットになっており、がっかりスポットじゃなくてがっかりだよ!と理不尽なツッコミをして次へ。

ベイサンズホテルの裏手にあるのがガーデンズ・バイ・ザ・ベイという近未来植物園です。
DSC_1420.JPG
DSC_1424.JPG
DSC_1426.JPG
フラワーガーデンとクラウドフォレストの2つのドームがあり、巨大な温室は全館冷房で快適空間になっています。
DSC_1442.JPG
日が暮れると、植物園にある巨大なモニュメントがライトアップされます。綺麗。

いよいよMakerFaireシンガポール当日、サイエンスセンターに移動してセッティングします。
DSC_1454.JPG
DSC_1456.JPG
今年のニコニコ技術部ブースの目玉はなんといってもLED6600個を衣装に組み込んだテクノコスプレ研究会(http://technocosplay.com/)の展示です。二日間通してすごい人気でした。
MAKER FAIRE SINGAPORE 2017 (メイカーフェアシンガポール2017)17/07/22-23(テクノコスプレ研究会・もかプロデュース部)

DSC_1468.JPG
会場全体も大盛り上がり。
そんな中、会場を視察していたバラクリシュナン・シンガポール外務大臣がブースに来訪。
DFUjxKYVwAAeTuf.jpg
出展していたPERIDOT Pccoloボードを興味深そうに見ておられました。

サイセンスセンターも休日のかき入れ時とあって、常設展示でのショーが行われます。
DSC_1494.JPG
巨大なテスラコイルで放電。
DSC_1520.JPG
灯油を燃焼させて火炎旋風(ファイヤートルネード)を発生。
他にもアーティスティックな展示や画像処理を施した展示などもあり、MakerFaire本体よりもメイカーっぽいぞこれとインスピレーションを受けたり。

常設展示の中に鏡の迷路があり、せっかくなので電飾ドレスの撮影もしました。
DSC_1483_2.jpg
DSC_1484_2.jpg
大量のLEDが鏡に反射して素敵。

そんな電飾ドレスですが、見事ブルーリボン(MAKER of MERIT賞)をゲット!
DSC_1527.JPG
ニコニコ技術部はこれで3年連続のブルーリボン受賞です。

無事終了してタイ料理店で打ち上げ。
DSC_1538.JPG


今回は初めて東南アジア圏の中心都市であるシンガポールに渡航し、MakerFaire参加+観光をしてまわりましたが、シンガポールという国がほんとうにいろいろな文化、民族が集まってできている国なんだなと実感できてとても楽しかったです。
アジア圏では深圳が成長著しい都市としてフォーカスされることが多く、シンガポールは既に都市化された金融街や一大観光地区のベイエリアしかメディアでは取り上げられませんが、まだまだダイナミックに変わっている最中の国だということが実際行ってみてよく分かります。

MakerFaireシンガポールは今年で5回目で、第三回からニコニコ技術部はブース出展しています。だいぶ古参ですね。そして毎回ブルーリボンを貰っています。
来年もまた貰えるかはわかりませんが、次もまた参加したいと思います。

みんな、シンガポールもいいぞ!


メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (NextPublishing)

メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (NextPublishing)

  • 作者: 高須 正和
  • 出版社/メーカー: インプレスR&D(インプレス)
  • 発売日: 2016/04/22
  • メディア: 単行本

22 地球の歩き方 aruco シンガポール 2018~2019 (地球の歩き方aruco)

22 地球の歩き方 aruco シンガポール 2018~2019 (地球の歩き方aruco)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


今年もNT京都2017に参加しました [雑談]

NT京都2017_トップ真面目過ぎ_軽量版.jpg
去る3月19日に、京都西院春日神社において春の恒例行事となりました「NT京都」が開催されました。
今年は西院フェスと同時開催ということもあり、屋台や手芸などの出店もあって境内がたいへん賑わっていたのが印象的です。
例年は屋外展示はわりとひっそりになりがちなうえ、ブース出展をしているとご飯を喰いそびれることもしばしばありまして、境内の屋台は大変たすかりました。煮込みハンバーグバーガー旨かった。
来年も西院フェスと同時開催できると良いと思いますね。

設営日や当日の様子などはTwilogでまとめられているので、どのような雰囲気だったかを垣間見られればと。
#NT京都2017 前日&前日設営まとめ
#NT京都2017 当日以降まとめ

またニコ技WikiのNT京都ページにも参加した方のブログなどがまとめられていますので是非。
NT京都2017

ちなみにうちのブースは当日いきなり急用をねじ込まれる等のアクシデントもあり、全体的に準備不足で新製品の物販でお茶を濁すというgdgdっぷりでした。そろそろちゃんとした展示を作らねば‥‥。
IMG_-s3j8qi.jpg

なお、当日販売していた品については、PERIDOT CRAFTオンラインショップでも購入できますので、買い逃したという方はこちらもどうぞ。
shop_banner.png

VHDLいろいろ [FPGA]

今更感あるけども、VHDLで特定用途で便利な記述ネタを。

●LPMやMegafunctionを直接インスタンスする

library altera_mf;
use altera_mf.altera_mf_components.all;

を追加しておくと、コンポーネント宣言を省略してLPMやMegafunctionのマクロをインスタンスできる。
乗算やFIFO、DDRIOなどハードマクロにインスタンスしたい場合に便利。
パラメータのマニュアルはIP Catalogで表示されるコンポーネント名でぐぐれはIntelのpdfがでてくるけど、そのままIP Catalogでソースを出力して該当部分をコピペした方が早い。

そんなわけで、ソース公開するときにライセンス云々でやかましい類の人間に噛みつかれたくないときに重宝。別にQuartusPrimeのツール生成ソースでライセンス上も何の問題も無いのだけれど。

●リダクション演算を使う

use ieee.std_logic_misc.all;

を追加すると以下のリダクション演算ファンクションが使えるようになる。

and_reduce(std_logic_vector)
or_reduce(std_logic_vector)
xor_reduce(std_logic_vector)
nand_reduce(std_logic_vector)
nor_reduce(std_logic_vector)
xnor_reduce(std_logic_vector)

リダクション演算は引数のベクタの全ビットに対して論理演算を行うというもの。例えば and_reduce(data) とやると、dataの全ビットでand演算を行った結果が返される。つまり全ビットが'1'なら'1'が返る。
or_reduce(data)であれば全ビットが'0'の場合に'0'が返る。xor_reduce(data)では'1'のビットが奇数個の時に'1'が返る。
or_reduceは関係演算子でオーバーロードが行われるのでゼロ比較で代用できるけども、and_reduceの機能(任意長のビット幅で全ビットが'1'の判定)は少々面倒なので、パラメタラブルな記述をし始めると出番は多い。


NT京都2017開催! [雑談]

NT京都2017が今年も春のお彼岸中に京都西院春日神社にて開催されます!
NT京都2017_トップ真面目過ぎ_軽量版.jpg

NT京都とは
「おもしろい」と思った物を後先考えずに作ってしまう人達の作品70組超が京都西院に大集合します。毎年「訳わからんけど、おもろいな」と評判のNT京都は今年で8年目。普段はウケを狙って面白作品を開発しインターネットに動画投稿している人達(ニコニコ技術部)の有志が緩い雰囲気で運営しています。

開催日時
3月19日(日) 9:30〜16:30 入場無料

その他、詳しくはニコニコ技術wiki NT京都へ!

前の5件 | -